初詣の意味と由来は?いつまでに行けばいい?喪中の初詣はダメ?

年が明け、初めの行事に「初詣」がありますよね。
私も毎年、近所の神社にお参りに行きます。

ですが、多くの人が小さい頃から決まり事として行ってきたため、
実は初詣の意味や由来など、あまり考えたことがないのではないでしょうか。

そこで、今年こそ、意味や由来、またいつまでに参拝すればよいのか
喪中の場合はどうすればいいのかを知り、
今年はいつもと違った気持ちで、初詣に行ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
  

初詣の意味と由来は?

<初詣の意味>
初詣は、神社やお寺や寺院などに、初めて詣でる事。
詣でる=自分の意志で行く事。

初詣は自ら詣で、氏神様に昨年の感謝の気持ちを伝え、
今年の無事を祈り、(家内安全・無病息災・商売繁盛・合格祈願など)を祈願するためのものです。
よくお願いごとだけをされていく方もいらっしゃいますが、
初詣は、氏神様に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

では、そもそも初詣はどこからきたのでしょうか。

<初詣の由来>
元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて
氏神の社に籠る習慣が初めとされています。
その時代は、暗くなると1日が終わるとされていましたが、歴が改正され、0時が1日の始まりになったことにより
やがて年籠りは、

・大晦日の夜の「除夜詣」
・元日の朝の「元日詣」

の2つに分かれました。

その「元日詣」が今日の初詣の原形となったと言われています。
また、江戸時代末期までは元日の社寺参拝として、その土地の氏神に参詣したり、
居住地から見て恵方にあたる社寺に参詣(恵方詣り)したりといったことが行われていました。

それが変化したのが、明治中期です。

明治中期には、「元日詣」を行うだけの初詣が習慣化。
更には、鉄道の発展から、
氏神や恵方とは関係なく、有名な社寺に参詣することが一般的となりました。
(これには鉄道会社の商業戦略が絡んでいると言われています。)

スポンサーリンク

2章見出し

初詣での時期については、諸説ありますが、現在一般的に言われているのが、
門松が飾られている、1月7日までとされています。
ただし、地域によっては、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという所もありますので、
厳密ではありません。

なので、1月7日までに行けなかったから初詣は諦める、ということはせずに
【新年に初めてお参りをするのが初詣】と考え、
是非、新年の挨拶に参詣してはいかがでしょうか。

喪中の時の初詣はだめなの?

よく周りで「今年は喪中だから、初詣はできないの」と聞きますが、
実はそんなことないんです。
喪中期間は1年間であり、その間でも行きたいと思う人もいると思います。

実は、神社へ初詣に行くのがNGとされているのは、喪中期間の中でも忌中期間だけなんです。
忌中期間とは、
一般的に【四十九日の法要】までとされています。

忌中期間は故人が亡くなって日が浅いため、悲しみで気力がなくなっている状態とされ、
「穢れ(けがれ)」として捉えられます。
そのため、神社の聖域となる鳥居をくぐることはNGとされています。

その代わり、お寺には忌中期間だとしても、初詣はしても構いません。
お寺である仏教は死をケガレとは考えないのです。

いろいろな決まり事があって不思議ですね。

ただし、この期間に関わらず、悲しみが大きく新年を祝う気持ちになれない、
という場合は、初詣は行かない方が良いでしょう。

まとめ

小さいころから習慣となっていた初詣も、
改めて意味や由来などを考えると、違った視点から初詣を見ることができ、
いつもと違った気持ちで参拝できますよね。

初詣は感謝の気持ちを伝えることが大事です。
また、自分自身の決意を表明することや祈願することもいいですが、
自分の周囲の人たちのために祈願することも忘れないでください。

今年も1年、無事に過ごせますように。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です