初詣の参拝マナー神社とお寺のマナーを教えます!

大人になると初詣も家族だけでなく、友人と出かけたり、
気になる彼と出かけたり、会社の同僚と出かけたり、様々かと思います。

そんな時、参拝のマナーを知らずにいると、ちょっと恥ずかしい思いをしてしまいます。
また年に一度の行事なので、忘れてしまっている人もいますよね。
そこで、もう一度、参拝のマナーを確認しませんか?
マナーをしっかり分かっている人は相手にも好印象に移ります。

また神社かお寺かでもマナーは少し変わってきますので、
どちらに初詣に行ってもいいように、準備しておきましょう。

スポンサーリンク
  

初詣の参拝マナー神社の場合

初めに神社での参拝マナーです。

1.鳥居の前で一礼
※この時真ん中に立たないように
真ん中は神様が通るとされているので、真ん中には立ちません。
もちろん、参道を歩く時も真ん中は歩かないように注意しましょう。

2.「手水舎」で身を清める
神社には必ず「手水舎」がありますので、そこで手と口を清めます。
これは知っている方も多いかと思います。

柄杓を右手で持ち、左手を清めます(洗います)

左手に持ち替え、右手を清めます(洗います)

右手に持ち替え、左で水を受け、口をすすぎます
※決して柄杓に口をつけてはいけません。手で水を口にはこんでください。

再度、左手を軽く流した後
持っている柄の方を清めるために、水をすくう方を上にし、
柄の部分に水を流します。

元の場所へ戻します

3.参拝
一般的に、「二礼二拍手一礼」です
神社によっては作法が異なる場合があるので、
参拝する場所に掲示されている作法を、念のため確認をしてください。
拍子を打つことで神を招き、掌を合わせることで神人が一体になると言われています。

スポンサーリンク

鈴を鳴らします

お賽銭を入れます
※この時、投げつけるように入れないでください。
たまに混んでいるからといって、後ろから投げる人がいますが、それはダメです。

仁礼、二拍手

お祈り(昨年の感謝と祈願)

一礼

4.神社を出る時も一礼
鳥居を最後にくぐる際、一礼をし、神社を後にしてください。

初詣の参拝マナーお寺の場合

次に、お寺での参拝マナーを確認しておきましょう。

1.山門の前で合掌一礼
神社では鳥居でしたが、お寺では山門となります。

神社の時は真ん中はNGでしたが、
お寺の場合は、真ん中を歩いてかまいません。

2.「手水舎」で身を清める
清め方は神社と同じになります。
もし、「手水舎」がなければ、そのまま先に進みましょう

3.鐘を鳴らす
許可されているお寺のみ、鐘を鳴らしましょう。
※参拝後に鐘を鳴らすのは「戻り鐘」と呼ばれ、縁起が悪いとされていますので、
気をつけましょう。

4.ロウソクまたは線香を捧げる

5.参拝

お賽銭を納めます

鰐口(わにぐち)を鳴らします

合掌して、深く一礼をします
※この時拍手はしません。

手は胸の前で合唱したまま、お祈り(昨年の感謝と祈願)

深く一礼

6.山門を出る時も一礼
山門を最後にくぐる際、一礼をし、お寺を後にしてください。

まとめ

神社とお寺では、意外と違うところが多かったですね。
どちらに行ってもいいように、両方のお作法を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です