節分の恵方巻き発祥の地は?由来と方角の決め方、食べる意味ない?ある?

この数年で急速に全国に広まった「恵方巻き」
これまで習慣のない地域の方には、今でも聞きなれないのではないでしょうか。

では、そもそも「恵方巻き」とはどこから来たのか。
発祥の地はどこなのか。
そしてその由来や起源、恵方巻きを食べる方角の決めたかなどを紹介していきます。

スポンサーリンク
  

節分に食べる恵方巻ってどこが発祥の地なの?

恵方巻きの起源は諸説ありますが、
発祥の地は大阪であることは間違いないようです。

そして発祥した時期は、江戸時代末期が有力です。

では、由来と起源をみていきましょう。

恵方巻きの由来と方角の決め方は?

由来・起源は???

恵方巻きの起源は説としては下にあるように、いろいろとあります。

・江戸時代の終わり頃、大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの意味合いで、
立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まったとする説

・江戸時代末期から明治時代初期、大阪の商人による商売繁盛の祈願事として始まったという説
「厄落とし・縁起担ぎ」、
「船場にある階段の中段で女性が太巻きを丸かじりして願い事をした」ことが起因となっている。

・大阪の花柳界で行われていた風習が一般に広まった
節分の時期がお新香が浸かる時期なので、そのお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べ、縁起を担いでいた。


そして現代になり、まずは大阪のコンビニが恵方巻を売り出し、
その後、全国のコンビニで売られ宣伝されるようになり、
「恵方巻き」という行事が全国に広まりました。

恵方巻きを食べる方角はどのように決められているのでしょうか。

恵方巻きの方角は、毎年誰かが決めているのではなく、
来年以降の分も全て決まっています。

実は恵方には、

『十干(じっかん)』という
「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類からなっております。

こちらが『十干(じっかん)』の示している方角を表す図です。

スポンサーリンク

恵方は、その年によって
・東北東やや東
・西南西やや西
・南南東やや南
・北北西やや北
の4つの方位のどれかに当てはまることになります。


ちなみに、恵方巻を食べるルールをさらっとおさらいしておきましょう。

1.恵方を向いて食べる
まず恵方巻きは、恵方と呼ばれる「その年の縁起のいい方角」そ向いて食べます。

2.食べている間は話さない
食べている間に話すと、「運が逃げてしまう」と言われています。

3.願い事を念じながら食べる
心の中で願い事を繰り返しながら食べます。

4.太巻きは切らずにいっきに食べる
恵方巻きは「七福神」に見立てた7つの具材とされる福を巻き込むとされているので、
「福をきらないように」食べるのが良いとされています。
ただ、一本食べるのが難しい場合は、食べる前に初めに切ってから、食べる方法もあります。

恵方巻きを食べても意味ないの?意味あるの?

ここ数年で全国的に知名度があがった恵方巻。
(コンビニ商戦で広がりましたが・・・)
そんな中、最近知ったということで馴染みがなく、
やった方がいいの?やる意味あるの?と思っている人も少なくないはず。

必ずやらなくてはいけない、というものでもないですし、
面倒だな…と思う人は、やらなくていいと思います。
また、恵方巻き食べても願いが叶わないなら意味ないと思う方、
願いは自分で叶えましょう。

恵方巻きは、縁起を担ぐ「ゲン(験)担ぎ」です。

日本は元来、この「縁起を担ぐ」ということを大切にしているので、
江戸時代から現在まで続いているのではないでしょうか。
ゲンを担ぎたい、と思う人が行えばいい行事です。

節分には恵方巻き以外にも「豆まき」という行いもありますので、
「豆まき」の方をしたっていいんです。
自分にあった方法で節分をすごしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
大阪から発祥したこの行事。
知名度は全国的になってきましたが、
まだ一度もしたことがない方もいるのではないでしょうか。

恵方巻きは、ゲン担ぎとして気軽にやってみると意外と楽しいかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です