初心者のためのスキー場選びから、おすすめするスキー場、そして交通手段は?

これからゲレンデデビューする方、
どこのスキー場にしようか迷いますよね。
そもそも、何を基準に選んだらいいのか分からないかと思います。

そこで、初心者の方がスキー場のどこを見て決めればいいのか
また、関東甲信越エリアで初心者にオススメするスキー場から
交通手段はどうすればいいのかまで、ご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

初心者のためのスキー場の選び方

スキー場のホームページにて以下項目をチェックしましょう。
ホームページには各スキー場の特徴やコースマップなどが掲載されています。
・ゲレンデの広さ
・コースの幅
・初心者用コースがどれくらいあるか
・平均斜度はどれくらいか

ゲレンデの広さ

初心者の方なら、そこまで広くてコースも多いスキー場ではなくてもいいと思います。
ある程度、滑れるようになれば色んなコースを滑りたい!となりますが、
まだ慣れないうちは、普通に滑れるように練習することが第一になります。
そのため、広く、コースも多様にあるゲレンデだと持て余してしまうのです。

またコースが多いと、コースをつなぐ連絡コースが、曲者になります。
連絡コースは傾斜はそんなに辛くないですが、とにかく幅が狭いところが多いです。
スキーの方はボーゲンで全て乗り切れますが、
初心者のボードの方は、幅が狭いと意外と大変です。
(幅が狭い場所で初心者ボーダーが困っているのをよく見かけます)

コースの幅

上でも書いたとおり、幅が広いコースが多くあるスキー場がオススメです。
初めはターンの練習をするので、大きくターンができるコースがあると、楽しいですよ。

初心者用コースの数

これは多いにこしたことありません。
スキー場のホームページでコースが色付けで分かれているので、
初心者用コースが多いところを選びましょう

平均斜度

初心者にオススメする平均斜度は10度~15度程度が適しています。

そのほか、ファミリー向けを大きく出しているスキー場は
初心者コースが多かったりしますので、そちらもチェックしてみましょう。

初心者におすすめするスキー場(関東・甲信越編)

たんばらスキーパーク(群馬県)

初心者向けのコースが多くファミリー向けでもあるスキー場です。幅の広いコースも充実しています。
2014年にはリゾートセンターがリニューアルし、快適に過ごすことができます。
初心者には最適なゲレンデです。



川場スキー場(群馬県)

初級者から中級者・上級者の方でも楽しめるスキー場です。
都心から2時間のアクセスの良さでパウダースノーを楽しめる人気のスキー場です。



スポンサーリンク

岩原スキー場(新潟県)

最大幅600mのワイドな緩斜面で知られるスキー場です。
斜面も緩やかで、今年からスノーボードを始めたという方にはおすすめです。

万座温泉スキー場(群馬県)

ゲレンデコースはコンパクトで緩斜面が多く、初心者でも気持ちよく滑ることができます。
また名前の通り、滑ったあとには温泉につかることもできます。
そこそこの斜面とコースの広さなので中級者の人と行っても楽しめるゲレンデとなっています。

栂池高原スキー場(長野県)

こちらのゲレンデは、全体の80%が初心者・中級者コースになっているため、初心者には滑りやすいゲレンデです。
また斜面だけでなく、幅もあるので慣れていない方でも人と接触することなく安心して滑ることができますよ。

スキー場へは電車とバス、どっちがいいの?

スキー場にあまり行ったことない方は、何で行こうか迷いますよね。
これはもうスキー場のアクセス方法や、ご自身のタイプ、
値段重視なのか、ゆったり行きたいのか…などによると思います。

電車・バス・車、それぞれどんなタイプが合っているのか交通手段別にしてみました。

電車が合っているタイプ

・駅からスキー場までのアクセスが良い、または無料送迎車がスキー場から出ている。
・日帰りではなく、泊まりで行く方
・お金はそれなりに出してもいい方
・荷物は先に宿に送りたい方

バスが合っているタイプ

・朝一から滑りたい方
・スキースノーボード用品を持っていなく、レンタルしたい方
・とにかく安さを重視な方

車が合っているタイプ

・普段から車の運転をしていて、雪道も問題ない
・初心者だけど、スキー・ボード用品を揃えた
・好きな時間に行って、好きな時間に帰ってきたい方

まとめ

いかがでしたでしょうか。
初心者の方のためのスキー場の選び方から、おすすめのスキー場を紹介していきました。
行きたいスキー場はありましたか?

もちろん、ここで紹介した以外にも、たくさんのスキー場があります。

実はスキー・スノーボードはスキー場を選ぶところから楽しいんです。
積雪量やコースなどを見始めると止まりません。
初めにご紹介した選ぶポイントをふまえて、ご自身で探してみるのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です