スキースノボでの持ち物リストと便利な物は?女性は?行くときの服装は?

スキーやボードに行く人でも、1年たつと、
シーズン初日は何を持っていけばいいんだっけ?
と持ち物を思い出す作業から始めるかと思います。

そこで、定番持ち物リストから便利な物、女性が持っていくと良いものや
行くときの服装(女性限定)までを紹介します!

忘れ物のないように、より快適に過ごせるように是非参考にしてくださいね

スポンサーリンク
  

スキースノボでの定番持ち物リストと持っていくと便利なもの

板やブーツ・ウエアなどは忘れてもレンタルできるので、それ以外をピックアップしました。
(大きいものなのであまり忘れることはないと思いますが・・・)

定番持ち物リスト

<滑る時>

・帽子(ニット帽)

・ゴーグル、もしくはサングラス
 晴れているからといって、どちらもしないと目が赤くなってしまい
 目に悪いので、晴れててもゴーグルかサングラスは必ずしましょう!

・グローブ(手袋)

・ネックウォーマー、もしくはフェイスマスク
 寒さ対策でもありますが、ウェアを肌から守るのにも欠かせません。
 ネックウォーマーがないと首やフェイスラインがウェアでチクチクします。

・アンダーウェア、厚手のタイツもしくはスパッツ

・フリースやトレーナーなど
 アンダーウェアの上に着るもの
 ロンTの人も多いです

・厚手の靴下

・リフト券ホルダー
 これがないとリフトに乗る時、かなり面倒です。
 お金を入れられるホルダーだと更に良い。

<その他小物>

・日焼け止め

・リップクリーム
 UVが入っていると尚良いです。

・ティッシュ
 寒いところだと鼻水が出ることが多いので、必需品です

持っていくと便利な物

・リュックやポシェット※滑る時用
 ペットボトルや暑くなった時に脱いだものなど
 ちょっとした持ち物を誰かが代表して持っているととっても便利です。

・膝やお尻を保護するもの(スノーボーダー)
 こちらあるとすごくいいです。
 特に膝あては私の中では必須アイテム。
 スノーボーダーは膝をつくことが多いので、
 膝を悪くしないためにも是非!

・防水スプレー
 誰かが一つ持っていると便利

・ワックス
 誰かが一つ持っていると便利

・貼るホッカイロ
 寒がりさんには必需品

・目薬
 目にゴミが入りやすいので、あると便利

・チョコレートや飴・キャラメルなどの甘いもの
 滑っているときもいいですが、
 滑り終わって、着替え終わった後に食べる甘いものは最高。
 私はよく「アーモンドチョコ」を持って行ってました。
 一つ食べるととまりませんw

スポンサーリンク

スキースノボの持ち物で女性が持っていくと良いものを紹介!

続いて、女性が持っていくと良いものを紹介します!!

・ハンドクリーム
 とにかく乾燥するので、ハンドクリーム持っていきましょう。

・ヘアオイル
 意外と忘れがちなのが、ヘアケア。
 スキー場は紫外線と乾燥のダブルパンチです。
 帽子から出ている毛先はもともと傷みやすい中で、
 雪と風と紫外線でさらにダメージをうけます。
 少しでも和らげるために毛先にオイルをつけておきましょう。

・毛糸パンツ
 女性は男性と違って、お尻に脂肪が多いので、
 お尻が冷えやすいんです。
 そこで、毛糸のパンツがおすすめ。
 300円ショップで売っているものがおすすめです。

スキースノボに行く服装でオススメなのは?(女性限定)

慣れている人なら既に自分のスタイルができているかもしれませんが、
あまりスキーやスノボに行ったことない方は、どんな服装で行くか迷いますよね。

私のおすすめは、

ニットワンピースです。

よそ行きの可愛いものではなく、汚れてもいいようなカジュアルめなニットワンピがおすすめです。

実際に私がスノボに行くときは、必ずニットワンピで行きます。
理由は、

✓着替えやすい
✓楽に過ごせる

まず、とにかく着替えやすいです。
これだと、スキー場に着いた後に更衣室などに行くことなく
着替えることができます。

ワンピースの下はウエアをすぐに着られるように、
滑る時のアンダーウェアを着ておきます。 
(着替える手順)
1.ワンピースを着たまま下のスキーウェアを履く
2.ワンピースを脱ぐ
3.ヒートテックなどのアンダーウェアの上に着るトレーナーやフリース、ロンTを着る
4.ウエアの上を着る

また、ニットワンピースは身体を締め付けることなく
快適に楽に過ごすことができるので、移動にはもってこいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
定番アイテムは、忘れてしまうと現地で買うこととなり、
予想外の出費となります。
(スキー場の売店ではなんでも買えますが、やはり割高です)
スキー、スノーボードをより快適に過ごせるように、準備万端で出かけましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です