スキー場で子供に付き添う時の服装は?おすすめの靴は?子供の服装ポイントは?

子供の雪遊びやそりすべりの付き添いをしなきゃいけなくなることって
よくありますよね。
そんな時、自分は遊ばないし、どんな格好がいいんだろう?と考えてしまいます。

そこで、スキー場で付き添う時の服装のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
  

スキー場の服装で子供の付き添いの時はどんな服装が良い?

スキー場での子供に付き添う時の服装は、
やはり、スキーウェアを着ましょう。

スキー場は天気が良くても思いのほか寒いです。
かつ付き添いはずっと動いているわけではなく、
子供を見守っていることも多いので、動かないと更に冷えてくるんです。

また、子供と遊びたいとなった時も、すぐに一緒に遊んであげることもできるので
きっと子供も喜ぶと思いますよ。

ちなみに、以前、子供の付き添いではないですが、
スキー場でのイベントに知人たちと行ったことがあったんですが、
その時、スキーウエアを着なかった男性がいたんです。
私はとにかく寒がりなので、ウエアを着ていました。

結果、男性は途中で寒さに凍え、私は全く問題なくイベントを楽しむことができました。
この時、改めてスキーウエアの凄さを体感しました。

スキーウエアは薄い素材に見えて、超優秀です。
特にズボンは寒さ対策には最高です。
スキー場だけでなく、寒い場所に初日の出などを見に行くときも着ておくと安心ですよ。

スキー場で付き添うときのオススメの靴は?

服装の次は、靴ですよね。

スキーやボードのブーツは確かに動きにくいですから
別のものを履きたいところ。

1番のおすすめはスノーブーツですが、
スキー場に行く機会が少ない場合、買うのはためらってしまいますよね。

その場合は、長靴がオススメです。
ただ、雪の上は冷たいので(当たり前ですが…)底の厚さがしっかりしている長靴にしましょう。
スキー場によっては、長靴もレンタルをしているところがあるので、
もし街用の長靴しか持っていない場合は、
事前に、行くスキー場に確認をするのも一つの手段としてありですよ。
スキー場で貸し出す長靴は、雪国の人が履く長靴なので、安心です。

スポンサーリンク

ちなみに、スノーブーツを一つ買っておくと
都心でも雪が降った時に使えますし、
軽くて暖かいので、スキー場や雪国だけでなくても、
冬は結構、活躍してくれるアイテムです。
この機会にスノーブーツを買う選択肢もありかもしれません。

また、ウエアと長靴だけでなく、帽子や手袋も忘れずに持っていきましょう!

スキー場での子供の雪遊びする時の服装で気をつけるポイントは?

スキー場で遊ぶ時の子供の服装は、もちろんスキーウエアですが
ここでは気をつけるポイントを紹介していきます。

 ✓スキーウエアのズボンは「つなぎ」のものを選ぶ
 ✓オムツ卒業の子でも不安な子はオムツを履かせる
 ✓着替えは多めに持っていく

まず、スキーウエアのズボンは「つなぎ」のものを選んでください。
大概、子供のウエアはつなぎタイプなので大丈夫かと思いますが、
子供はソリ滑りをしたり、コロコロ雪の上に転がったりします。
その時、ズボンの隙間から雪が入らないように、上までしっかりあるウエアを選びましょう。

ただこの「つなぎ」トイレが面倒なものでもあります。
そのため、トイレに間に合わなくても大丈夫なように
オムツは念のために履かせておきましょう。

もうオムツは卒業した子でも、雪の上は冷たいですし、
いつもと違う環境で遊ぶと何が起こるかわかりません。
そんな時にオムツを履いていると子供も親も安心です。

最後に、これはどこに行くにも定番ですが、
着替えは多めに持っていきましょう。
遊んでいると汗もかきますし、雪で濡れたりもします。
濡れて冷えると体調不良に直結しますので、
着替えが十分にあることで、安心して遊ぶことができますよ。

まとめ

子供の付き添いだけだからと、
いつもの服装でスキー場にいると凍えてしまいます。

スキー場ではウエアは必須アイテムです。

しっかり防寒対策をして、子供が十分に遊べるように、見守っていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です