いちご狩りでおいしく食べるコツや見分け方、食べる量の平均は?元をとるには?

いちごの季節になると、やっぱり気になるのが「いちご狩り」ですよね。
甘酸っぱい大好きないちごを心ゆくまで、たくさん食べたい!
いちご狩りに行きたい!って思いますよね。

そこで、いちご狩りに行った時においしく食べるコツと見分け方や
みんなどれくらいの量を食べるのか、元はとれるのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
  

いちご狩りでおいしく食べるコツと見分け方を紹介!

1.あまりいちごを触らないこと

ビニールハウスの中は温かいので、いちごの表面がめくれやすくなっています。
触らずに選んだら、指の間につるをはさみ、手首のスナップをきかせて、もぎとりましょう。

2.まだ熟れていない白いいちごは取らないこと

しろい部分が残っているいちごは、まだ熟していないため、甘みも少ないです。
できるだけ、下手元まで赤いいちごを選ぶようにしましょう

3.形よりも光沢感で見分ける!

形が良いものよりも、光沢感があり、太陽の光で輝いているいちごを選ぶべし!
それが甘くておいしい証拠です。

4.ヘタが上を向いているいちごを選びましょう

一般的にいちごが熟すと下手が上を向きます。
それが食べごろのサインなので、下手が上を向いているいちごを選びましょう

5.食べる時はヘタの方から食べる

いちごは先端の方が糖度が高いため、ヘタ側から食べることで
最後まで甘さが均一に楽しめます。

スポンサーリンク

いちご狩りでみんなが食べる量の平均は?

平均は20~30個が、だいたい食べられる量かと思います。
(多い人は60個という人もいるとは思いますが・・・)

でも食べ放題と聞くと、なるべく多く食べたいと思ってしまうのが人間の性ですよね。

なるべく多く食べたいと思ったときは
空腹よりも、1、2時間前に、ヨーグルトや軽いものを少し食べておくといいと思います。
胃腸が起きてしっかり動いてくれますよ。

いちご狩りで元をとるには何個食べればいい?

これは品種によってかなり変わってきますが、
一般的に言われているのは、70個以上食べないと元はとれません。

この数を聞くと、いちご狩りは時間制限もありますし、
イチゴだけそんなに食べられないよ!って感じですよね。

私はこういったイベントで、元をとる、とらない、は考えなくていいと思います。
イチゴ狩りやそれ以外でも何とか狩りって、「その場で取って食べる」というのを楽しむものなので、
楽しみ料金として、考えてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?
イチゴ狩りは美味しく、楽しく、食べる、これにつきると思います。

美味しそうなイチゴを選んで、自分で取って、いっぱい食べて
楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です