冬の車中泊での寒さ対策!おすすめのアイテムを紹介!寝る時は寝袋?布団?

旅行やお出かけ時の宿泊代って結構かかりますよね。

のんびりするのが目的ならホテルや旅館に泊まるのが良いと思いますが、
目的がしっかりしていて、寝られればどこでもいい、という場合や
渋滞回避のために、早めに現地に着いて、車の中で一休みという方、
そして、とにかく節約したい!という方には車中泊は魅力的にうつるのではないでしょうか。
車中泊で浮いた分を食事や他のことに使えますしね。

ただ、冬の寒い夜の中、車中泊をしたいという方もいると思います。
そこで、小さいころからキャンプや車で寝ていた経験をもとに、
冬の車中泊の必需品や、おすすめ品、どうすれば温かく眠れるのかをご紹介します!

スポンサーリンク
  

冬の車中泊は寒さ対策必須!

まず、冬の車の温度をなめてはいけません。
昔、スキー場にて、車の中で朝方からリフトを待っていた時、
持ってきていた「おにぎり」が車の中でカチカチに凍った経験があります・・・

寝る時は車のエンジンも切ることになるので、エアコンもきかず、本当に寒いです。
(※エンジンのつけっぱなしは周りの迷惑&命の危険がありますので、絶対にしないでくださいね。)

そのため、事前に寒さ対策をするのが必須となります。
では、どんなアイテムを持っていけば、快適に眠れるのでしょうか。

車中泊で冬におすすめするアイテムを紹介!

寒さは下からやってきます。
…もちろん上も寒いですが、床冷えを防ぐことが一番重要になります。

そこで、おすすめアイテムを紹介!
(※座席を倒してフラットで寝る場合となります)

①銀マット or 断熱シート

銀マットはキャンプをよくされる方はお馴染みかと思います。
テントの中に敷いたりするマットです。

こちらは断熱材として使われるので、熱の出入りを防ぐ効果があります。

断熱シートも銀マットと同じ効果がありますので、社内の保温性を高めるには
最適なものになります。

銀マットの方がクッション性があるので、銀マットを下に敷くことをお勧めします。
そして、冷気は窓からも入ってきますので、
断熱シートを適切なサイズでカットし、窓などにはめ込むことで、外気を防ぐことができます。

②ムートン

これ、本当にオススメです。
大きいサイズのムートンを2~3枚、銀マットの上に敷くだけで
本当に温かいです。

スポンサーリンク


※写真はイメージです

この機会に購入しても、普段から車の座席に敷くことができるので、
買っても無駄になりません。

なによりも肌触りが気持ちい。
本当にオススメです。

③毛布

毛布って寝袋の外にかけると思われがちですが、
薄手の毛布を寝袋の中に入れ、毛布でくるまれてからの寝袋が最高です。

④ホッカイロ

これは定番ですね。
①~③をやってもまだ寒い場合は、ホッカイロを活用しましょう。
ただし、低温やけどにはご注意を。

冬の車中泊は寝袋がいいの?それとも布団?

車中泊であがる質問で多いのが、
「寝袋がいいのか、布団がいいのか」問題です。

冬以外はどちらでもいいかと思いますが、
冬に車中泊をする場合は、断然、寝袋が良いです。

ちなみに寝袋にも夏用・冬用などがあるのですが、
羽毛の寝袋がオススメです。


※写真はイメージです

羽毛なら羽毛布団も一緒では?と思われるかもしれませんが、
保温効果が全然違います。
布団はどうしても隙間ができてしまうので、そこから外気が入ると冷えてきます。

とにかく、せっかく温めた空気を外に逃がさない、外気を入れない
ということが大切になってくるので、寝袋が重要になってくるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
冬の車中泊は、寒さ対策として、準備するものが多くがちょっと大変ですが、
一度、アイテムを揃えておけばいろいろな場面で活用できます。

そして、寒い冬でも、これだけしっかり準備しておけば
きっと快適に眠れるはずです。

準備をしっかりして、快適な車中泊を楽しんでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です