グリーンスムージーでの腹痛は好転反応?症状の対策といつまで続くのか

グリーンスムージーを飲んで腹痛を起こしたという方は意外といるのではないでしょうか。
私もその一人です。

どうして健康に良いと言われるものを飲んで、お腹が痛くなるのでしょうか。
具合が悪くなるって、不安ですよね。
飲まない方がいいのかな?本当は体に良くないの?と思ってしまいますよね。

今回はどうして腹痛を起こす人がいるのか、
飲み続けても大丈夫なのか、
また、症状を改善するにはどうすればよいのかを紹介していきます。

スポンサーリンク
  

グリーンスムージーでの腹痛は好転反応?

「グリーンスムージーを飲んで腹痛を起こす」
1度だけなら体調不良と重なったのかなと思うものの、
何日も続くと、グリーンスムージーが原因となってきます。

ただし、この腹痛は好転反応の可能性が高いんです。

これまで摂取していなかった量のビタミンやミネラル、酵素を突然摂取すると
突然のことで腸内環境が対応しきれず、好転反応が出るということです。

好転反応とは、良い方向へ転じる時、一時的に現れる反応のことをいいます。
この症状が現れる人は、慢性的な身体の不調を持っている人に現われやすいと言われており、
例えば、便秘症などや胃腸の調子が良くない方などがあげられます。

好転反応は身体が良い方向に進んでいる証拠となります。
そのため、腹痛が起こったからといって完全にやめるのではなく、
様子を見ながら、腹痛を起こさないように身体を慣れさせる方法を考えていきましょう。
(※ただし、全ての症状が好転反応というわけではないので、ご注意ください。)

グリーンスムージー好転反応の症状を改善するには?

腹痛の症状を改善するには、
・飲むタイミングと頻度
・冷え
・材料

を注意してみてください。

1.飲むタイミングと頻度

朝ごはんの代わりにグリーンスムージーという方も多いかと思いますが
起きて最初に食べるものがグリーンスムージーとなると、
ダイレクトに身体に効果が表れます。

そのため朝ではなく、お昼やおやつ代わりから飲み始めると良いです。

また、飲む頻度も考えましょう。
いきなり毎日飲むと身体がびっくりしてしまいます。
(もちろん腹痛にならない人は初めから毎日飲むのは良いと思います)

スポンサーリンク

身体が驚かないように、休日に飲むことから始めて、3日に1度→2日に1度→毎日
などのように、少しずつ慣らしていきましょう。


2.冷え
グリーンスムージーと聞くと、「冷たい」と想像するかと思いますが、
是非、常温で飲んでほしいです。

女性はもともと冷え性が多いですし、
冷えは万病のもとと言われるぐらい、身体には良くないです。

野菜・果物を冷蔵庫に入れるだけならいいですが、
果物を凍らせたり、ミキサーに氷を入れたりなどはしなように注意しましょう。


3.材料

葉物野菜の量を調整する。
緑の葉野菜はデトックス効果が高いのですが、高いからこそ好転反応も出やすくなります。
そのため、初めのうちは葉野菜を少なめに作るなどしていきましょう。

また、粉末タイプのグリーンスムージーに変更するのも一つの対策となります。
今は栄養素もしっかりしている粉末タイプのものがありますので、
グリーンスムージー初心者には向いています。
粉末タイプをしばらく飲んで、身体が慣れてきたら、実際に生野菜に変えてみてはどうでしょうか。

好転反応の症状はいつまで続く?

好転反応の症状は、そんなに長く続きません。
1週間~2週間で症状が落ち着いてくるはずです。

私の場合、腹痛を我慢して毎日飲んでいたら、
2週間弱で何も症状が起こらなくなりました。

今では、たまに便がゆるくなる日もありますが、お腹が痛くなることはほとんどなく、
毎朝飲んで、毎日快適に過ごしています。

もし、2週間経っても症状が軽減されなかったりする場合は
好転反応ではなく、何か別の原因がある可能性がありますので、
飲むのを中断して、様子をみましょう。

まとめ

デトックス効果の高いグリーンスムージー
野菜不足解消、体質改善やダイエットには欠かせないとして、
長年、注目されています。

でも腹痛のせいで、すぐにやめてしまってはもったいないです。
好転反応を乗り越えれば、身体も健康になりますので、
対策をとりながら、乗り越えてみましょう。

ただし、決して無理はしないでください。
強い症状が続く際は、飲む量を調整したり、お休みするなどして様子を見るようにしてください。

好転反応を乗り越えて、グリーンスムージー生活を手に入れましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です