クリスマスカードはいつ送る?書き方とあると嬉しい言葉を紹介します!

日本では新年のご挨拶に年賀状がありますが、
欧米ではクリスマスカードが一般的です。

最近は、クリスマスカードも良く見かけることとなり、
日本でも少しずつクリスマスカードを送る方が増えてきているのではないでしょうか。

そこで、自分もクリスマスカードを!と思っても、
いざクリスマスカードを送ろうとすると、いつから送るのか、
いつまでに届けばいいのか、わからないですよね。

そこで今回はクリスマスカードはいつ送ればいいのか、いつまでに届けばいいのか、
また書き方までを紹介していきます。
是非、ご参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  

クリスマスカードはいつ送るのが正解?

クリスマスカードは、いつから送れるのか、
感謝祭である11月の第4週目の木曜日が終わってから、となります。

ではいつまでに届けばよいのか、
クリスマスまで、となります。

なので、感謝祭が過ぎた後からクリスマスまでの間であれば、いつでも送って大丈夫です。

ちなみに、届いたクリスマスカードは年明けまで、飾って楽しむ習慣があるため、
早めに届くと長く飾ることができるので、喜ばれると思いますよ。

スポンサーリンク

クリスマスカードのシンプルな書き方を紹介!

・左上に相手の名前
・真ん中に本文 ※2~5行を目安に
・右下に自分の名前

本文は長文を書くのではなく、数行で十分です。
たっぷり余白を残しましょう。

クリスマスカードは華やかなため、その方がスッキリしておしゃれに見えますよ。

手紙ではなく、カードになるので、文章は簡潔に書きましょう。

クリスマスカードに入っていると嬉しい言葉は?

日頃の感謝と、相手への思いやりの言葉を入れるといいです。

◆日頃の感謝の言葉

・いつも傍にいてくれてありがとう
・力になってくれてありがとう
・一緒にいてくれてありがとう
・友達/家族/恋人 でいてくれてありがとう

◆相手への思いやり、これからの言葉

・大切な〇〇へ心をこめて贈ります
MerryChristmas!!
・来年もいろんな思いでを一緒につくろうね
・幸せなクリスマスと新年になりますように
・あなたの願いが届きますように
・あなたのこれからが幸せいっぱいの日々でありますように
・素敵なクリスマスをお過ごしください

まとめ

いかがでしたか?
クリスマスカードを出すときの基本を紹介してきました。

クリスマスカードは華やかでもらって嬉しくない人はいないと思います。
今年はクリスマスカードで、日頃の感謝の気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です