年賀状の書き損じはどうしたらいい?交換場所や料金、交換期限を紹介

毎年、年賀状を書いていると必ず発生する、間違えて書いてしまったり、印刷ミスしてしまう年賀状はがき。
「書き損じ」と言います。

使わないまま捨ててしまったりはもったいないですよね。
そんな書き損じはがきや、余ったもはがきの使い道について紹介していきます。

スポンサーリンク
  

年賀状の書き損じはどうしたらいいの?

書き損じや余った年賀状は郵便局で以下のものに交換できます。
※1枚:5円の手数料が発生

・切手
・通常、往復はがき
・レターパック
・郵便書簡(ミニレター)
 郵便書簡とは、封筒兼用便箋のことです。

もちろん、年賀状は新しい年賀状だけでなく、数年前のものでもかまいません。
もし、古い年賀状が残っていたら、一度に交換してしまうと楽ですよ。

ちなみに、書き損じた年賀状は交換するだけでなく、
寄付することもできます。

最近は、はがきを出すことが少なくなりましたので、
年賀状を通常のはがきや切手に交換してもな…と考える方もいるのではないでしょうか。
そんな時に、ボランティア団体に寄付することができるんです。

【ボランティア先】
Child Fund
https://www.childfund.or.jp/support/postcard.html
少量でも、どんなに古いものでも送ることができます。

NPO法人 テラ・ルネッサンス
http://www.terra-r.jp/icando_hagaki.html

他にもいろんな団体が実施していますので、
これを機会に、ちょっと良いことをしてみると、
1年節目に気持ちも晴れやかになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

書き損じた年賀状の交換に料金はかかる?

上でも記載しましたが、
手数料として、1枚5円がかかります。

(以前は年賀はがきと通常のはがきの料金が違うため、その差額も払わなければなりませんでしたが、現在は年賀はがきが値上がりし、通常のはがきと料金が一緒のため、一律5円となります)

ただし、近親者のご不幸による服喪の場合は、
年賀はがき・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手については、
無料で以下のものと交換できます。

・通常切手(弔事用切手を含みます。)
・通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
・郵便書簡
・特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

交換には、窓口で服喪であることを伝え、手続きが必要となります。

年賀状の書き損じに交換期限はあるの?

書き損じた年賀状の交換期限はありません。
前に間違えて書いてしまい、家で眠っている年賀状があれば
いつでも交換してもらえます。

ただし、年賀状を今年の年賀状に交換したい場合は、制限があります。

・昔の年賀状を今年の年賀状に交換することはできません。
・書き損じた今年の年賀状は、その年の販売期間内のみ、今年の年賀状に交換できます。
 ※販売期間:11/1~1/6(変動があるため、郵便局HPをご確認ください)

まとめ

私は毎年どんなに気をつけていても、間違えて書いてしまい、
書き損じはがきが発生してしまいます。

これまで何も交換せずに、家で眠っている書き損じハガキがあるのなら、
この機会に、ぜひ、交換してみてはいかがですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です