クリスマスカードのお返事はどうする?お礼はメールでもあり?なし?

最近は日本でも年賀状ではなく、クリスマスカードを送る方が徐々に増えてきているようですね。
でも年賀状ならある程度のマナーは知っているものの、
クリスマスカードのマナーは馴染みがありませんよね。

しかもいきなり届いたら、どうすればよいのか分からない人がほとんどのはずです。

そこで今回は、クリスマスカードをもらった場合、お返事はどうすればよいのかを紹介していきます。
是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  

クリスマスカードのお返事はどうする?

クリスマスカードのお返事は、必ず返さなければいけないという決まりはありませんが、
日本人の風習として、やはり返事を出した方がいいです。

もしクリスマス前に相手に届くのであれば、
同じようにクリスマスカードを送ると、きっと喜ばれるはずです。

クリスマスカードはカード自体が華やかなので
”MerryChristmas!!
幸せなクリスマスと新年になりますように”

など簡単な一言メッセージを添えて送るだけで、素敵なクリスマスカードになりますよ。

また、もしクリスマス前に間に合わない場合は、
年賀状でお返しをするのもありです。
その時は、クリスマスカードのお礼と新年の挨拶を忘れずに入れましょう。

スポンサーリンク

クリスマスカードのお礼はメールでもあり?なし?

そもそも「クリスマスカードは必ず返事をしなければいけない」という明確な決まりはありません。

なので、この「あり・なし問題」に正解はないです。
(なら書くなと誰かに怒られそうですが…)

ネット上では、「カードをもらってお礼をメールで返すなんて失礼」という意見が大多数を占めていますが、
それは日本の「もらったら、お返しをする」「お返しをする際はもらったものと同等の内容で」という習慣からなるものなので、
それを海外の習慣であるクリスマスカードにも求めてしまっている、という現象となります。

お礼の気持ちを伝える手段として、
メールを送りたいと思えば、メールでいいと思いますし、
(メールで送れるクリスマスカードやグリーティングカードもありますし)
自分もクリスマスカードをと思う方は送ってもいい。

そこに、相手への思いやりがあればいいと思います。

クリスマスカードは日本の習慣ではないので、
そんなに堅苦しく考えずに、クリスマスカードを楽しんではいかがですか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。
クリスマスカードの返事は日本では出した方がよいですが、
その形式に決まりはありません。

無理のない範囲で、自分らしくお返事してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です