初詣は喪中でも神社やお寺に参拝してもよい?親族の範囲で決まる?おみくじは?

毎年の行事である初詣。
今年は喪中だからとお参りをしない方も多いのではないでしょうか。

ですが、喪中の場合でも期間や個人との関係、
お参りする場所で変わってくるのです。

そこで今回は、喪中でも初詣に行ってもいいのか
また、故人との関係によって変わってくるのか
細かく紹介していきますので、ぜひ参考にしてほしいと思います。

スポンサーリンク
  

初詣は喪中期間中でも神社やお寺に参拝してもよいの?

忌中期間なのか、喪中なのかで変わってきます。
そして、神社なのかお寺なのかで変わってきます。

結論としては、↓となります。
【神社への参拝】
忌中期間:×
喪中期間:〇

【お寺への参拝】
忌中期間:〇
喪中期間:〇

少し詳しくみていきましょう。

忌中は、
故人を偲び、御霊(みたま)を鎮める期間
神事・結婚式のほか、お祝い会などへの出席を控える

とされております

喪中は、
精神的に故人を偲び、悲しみを乗り越えて通常の生活へと戻っていく期間
忌中を過ぎれば神社参拝などは行ってよい

とされております。

【神社の場合】
忌中期間は故人を偲ぶことに専念する期間ですので、神社への参拝は控えることとなります。
神棚へは白紙を掛け、お参りを控えます。
神棚への御札は忌中期間後にしましょう。

忌中期間が過ぎ、喪中期間であれば神社への参拝は可能です。
もちろん、神棚も通常どおりで大丈夫です。
ただし、派手な宴席などは控えた方がよいかと思います。

【お寺の場合】
お寺では、忌中や喪中といった考え方をしません。
それは、お寺では死を「穢れ」とは考えないからです。

スポンサーリンク

そのため、お寺であればいつでも参拝できるということです。

では、神社で参拝できない忌中期間っていつまでなの?
父母、祖父、叔父・叔母で変わってくるの?
という疑問がでてきますよね。

初詣のお参りは喪中でも親族の範囲によって違う?

神社への初詣のお参りができない期間は喪中ではなく、
忌中期間のみというのは先ほどわかりました。

では参拝できない忌中期間は親族の範囲で変わってくるのでしょうか。

はい。変わってきます。

以下が故人との関係で変わってくる忌中期間となります。

配偶者:50日
父母:50日
祖父母:30日
兄弟姉妹:20日
叔父叔母:20日
子供:20日
孫:10日
いとこ:1~3日

こちらの期間中は神社への参拝はできませんので、ご注意ください。

この期間は個人を偲ぶことに専念しましょう。

初詣でのおみくじは喪中期間はしない方がいい?

初詣のおみくじも、お参りと同じ考えとなります。

つまり、
神社では、忌中を過ぎていれば問題ありません。
お寺はいつでもおみくじを引くことができます。

もちろん、お守りなどの購入も同様になります。

まとめ

喪中期間ではなく、忌中期間を避ければ初詣は行くことは可能です。

もちろん、忌中を過ぎたから行かなければいけない、というわけでもありません。
忌中期間は意外と短く、まだお参りする気分にはならない、という方もいるかと思います。
その場合は無理をせず、今年は故人を想い、偲び、
来年にお参りをしてはいかがでしょうか。

また、それぞれの地域や宗派、
慣習などによって異なることもありますので、
不安な方はいつもお参りしている神社などに問い合わせると確実ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です