一人でNYへ!気をつけること、気をつける場所、地下鉄は?そして英語は?

英語が話せないけど、一人でNYに行ってみたい!という方、
NYは治安が悪く、特に女性は危ないイメージがありますし、英語が話せなくて大丈夫かな?
など、いろいろ不安要素ありますよね。

私は英語は全く話せないのですが、一人で行ってしまいました。
そして、結果、大丈夫でしたし、楽しむこともできました。

なので、これからNYに行きたいけど、心配で躊躇している方に、
少しでも参考になるように、NYで気を付けることなど
私の経験をふまえて、紹介していきます。

スポンサーリンク
  

NYで行かない方がいい場所、気をつけることは?

✓人気のないところには行かない

よく行ってはいけない場所として言われるのが、
サウス・ブロンクスやブルックリンやハーレムなどですが、
場所というよりかは、それ以外の場所でもとにかく人気のないところには行かない方がいいです。
この道を入ったらいきなり自分一人だけとか、そういった場所です。

もし入ってしまったら、速やかに引き返し、立ち去りましょう。

✓夜の公園には行かない

セントラルパークも昼は大丈夫ですが、夜は絶対に行かないこと、です。

ただこれはNYに限って、ということではないと思います。
日本でも夜の公園って怖いですよね。
私はどんなに近道でも、夜の公園は一人では通らないようにしているので
特にNYでは気をつけてくださいね。

✓ホテルの場所に気をつけて予約する

ブルックリンやサウス・ブロンクス、ハーレムには人気のない場所が多くありますので、
そういった場所を避けてホテルを選びましょう。
安さ重視よりも、少し予算オーバーしてでもここは安全を買いましょう。

✓服装や持ち物に気をつける

誰もが分かるようなブランドをこれ見よがしに身に着け歩かないこと。
「私はお金を持っています」と言っているようなものです。

鞄はチャック付きのものを。斜め掛けできるとベスト。
簡単にスリに合わないような鞄がオススメです。
NYだけではなく、旅行の一番の被害はスリなので、
そういった隙を見せないのがポイントです。
斜め掛けの鞄は、いざとなれば自分の前にも持ってこれますので、とっても便利ですよ。

・お店でも持ち物は肌身離さず身につけること。
日本では、貴重品以外のバックを席に置いたまま、席を外すことがあると思いますが
これはやらないこと。

・無防備な雰囲気をして歩かない。観光ブックは広げない。
隙をつくったり、不安そうに歩いたりするのはやめましょう。
不安そうだったり隙のある人には、騙そうとする人が近寄ってきます。
特に日本人というだけで人が寄ってきますので、ご注意を。

スポンサーリンク

・観光ブック(Mapも含む)を広げない
慣れていないというのが、一目でわかってしまいます。
これこそ相手に隙を与えてしまいます。
観光ブックはホテルやお店の中だけにしておきましょう。
そこで必要になってくるのが携帯です。そしてWifiです。
Wifiがあればいつでもネットにつながりますので、地図もメモした場所も観光地も全てわかります。
フリーWifiは日本より多いですが、それでも一人海外旅行初心者はWifiを持っていきましょう。

移動手段は?地下鉄は危険?タクシーは?

地下鉄は危険だから乗らない方が良い、という話を聞きますが、
そこまで神経質にならなくても大丈夫です。
とくに昼間は一人で乗ってもなんの問題もないです。
ただ、夜は少し注意してください。人も少なくなりますし、乗客の雰囲気も変わります。
女性が一人で夜にフラフラと出歩くのは、なるべくしない方がいいので、
もしどうしても夜遅くに出かけたいという場合は、タクシーを利用しましょう。

NYはタクシー(イエローキャブ)がたくさん走っています。
なので、夜の移動はなるべくタクシーを利用するのがいいでしょう。
地下鉄も楽しいですが、NYの街を車の窓から景色を見るのもとっても楽しいです。

ただし、特に空港に多いですが、客引きをしているタクシーには用心してください。
詐欺にあう場合があります。

空港からは電車やバスも使えますし、タクシーよりも安いので、
昼間に空港に着いたならば、電車で中心地に行くのが良いかと思います。

英語話せないけど大丈夫?

これも結構な不安要素ですよね。私も話せないので、だいぶ不安でした。
一言で言えば、大丈夫でしたが、ホテル・お店・空港で使うお決まりのフレーズは覚えていきましょう。

そして、ここでも必需品となるのが、Wifiです。
Wifiがあれば、わからない英語も携帯で翻訳してくれますし、
最終手段はその翻訳した内容を携帯に話してもらうというのが手っ取り早いです。

NYの人は優しいです。
私の中学生以下のカタコト過ぎる英語でも、辛抱強く聞いてくれます。
なので、調べた英語フレーズを実際に話してコミュニケーションをとってみてください。

まとめ

NYは治安が悪い、危険、というイメージがどうしてもありますし、
周囲の人からも、一人で行って大丈夫?と言われるかもしれません。

ですが、なにも紛争地域に行くわけではありません。
NYはアメリカの大都市です。
日本に住んでいたって、どこに住んでいたって、危険はどこにあるかわかりません。
どこにいても危険な目にあうのは、運が悪かった、としか言えないと私は思っています。
ただ、危険を少しでも自ら寄せ付けないようにするのは大事なことだと思います。
人気のない場所にはいかない、無防備にならない、夜遅くに出歩かないなど
自分でできることはやっておきましょう

だからと言って、そこにばかり意識がいってしまい、旅行が楽しめなかったでは本末転倒になりますので、
気をつけることを頭にいれたら、あとは楽しむことだけ考えて、旅行を満喫してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です