喪中でのお正月はおせち料理は食べてもいい?お雑煮と年越しそばはどうする?

親族に不幸があった場合、年賀状は出さない
「おめでとう」は言わない、などはよく聞きますよね。

では、お正月料理はどうすればいいのでしょうか。
喪中の期間はお祝い事は避けた方がよいのでしょうか。
おせちはお祝いにあたるのでしょうか。
そしてお雑煮は?年越しそばは?
いろいろ疑問がでてきますよね。

そこで今回は喪中の時は年越しそばから、お正月料理まで、
食べ物全般、どうすればいいのかを中心に、紹介していきます。

スポンサーリンク
  

喪中期間のお正月はおせち料理を食べ物もいいの?

喪中のことをお話しするとどうしても出てくるのが
「忌中」と「喪中」です。

忌中は、故人を偲び、お祝い事や会などへの出席を控える期間とし、
一番近い配偶者や両親の場合でも、50日間とされています。

喪中は、精神的に故人を偲び、悲しみを乗り越えて通常の生活へと戻る期間となります。

それをふまえた上で、考えていきましょう。

忌中期間中は、お祝い事を控える期間となりますので、
お正月をお祝いする料理である「おせち」は控えた方がよいでしょう。

※忌中期間についてはこちらのページを参考にしてください。
初詣は喪中でも神社やお寺に参拝してもよい?親族の範囲で決まる?おみくじは?
(一番長くても50日間とされています。)

忌明けの後は喪中期間となります。
喪中期間でも、もちろん故人を偲ぶことは忘れてはいけませんが、
それと同時に悲しみを乗り越え、通常の生活へと戻る期間となります。

そのため、おせちを食べて前向きに新年を迎えるのも良いかと思います。

【補足】
もちろん、おせち料理を食べる気分にならない方も多くいるかと思いますので、
そういった時は、今年は食べないと決めてもかまいません。

ちなみに、喪中にはおせち料理は「食べない」という考え、意見もあります。

スポンサーリンク

必ずしもこれが正解というものはなく、
宗派の違いや、地域の違い、家のしきたりなどで変わってくるものです。

喪中でもお正月はお雑煮を食べていい?

おせち料理はお祝いのものという認識がありますが、
お雑煮はどうなのでしょうか。
食べてもいいのでしょうか。

実は、お雑煮は、一年の無事を祈り食べるものになります。
特にお餅は、昔からお祝いごとや特別な日の食べ物だったので、
お雑煮もおせち料理と同様、お祝い料理となります。

ですが、お祝い料理として祝う気持ちで食べるのではなく、
お椀もお正月用ではなく、普段使いのものを使い、
いつもの食事として食べるのではれば差し支えないと思われます。

気になる方は、
おせち料理同様に、忌中期間は避けて、
忌明けであれば食べる、ということにしてはいかがでしょうか。

御節料理と同様、お雑煮も正月の祝い膳ではありますが、
お祝い料理として祝う気持ちで食べるのではなく、いつもの食事としてお雑煮を食べる分には差し支えないでしょう。

喪中でもお正月を迎える時は年越しそを食べる?

「おせち」「お雑煮」・・・
そうなると気になってくるのが「年越しそば」ではないでしょうか。

年越しに食べるものなので、お正月料理ではないですが、
1つ気になりだすと、他の料理も気になってしまいますよね。

年越し蕎麦とは、縁起をかつぐためのもの。
「蕎麦のように、細く長く」ということから、「健康長寿」「家運長命」を願い、
また、「切れやすい蕎麦のように一年の厄災を断ち切る」という意味も込められているものなので、食べても問題ありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

1つの区切りとして、忌中と喪中がありました。
基本的には、忌中はお祝い事を完全に控えることから、
忌中が明けるまで、お正月料理は控えるべきという考えが一般的です。

もちろん、宗派や地域の慣習、各家庭の決まり事などによって違ってくるものです。

ご自身の周りの方たちと相談しながら、お正月を過ごしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です