おみくじを結ぶときに破れたら縁起が悪い?処分する?保管する?

お正月に神社に初詣に行くと、おみくじを引く方も多いですよね。
そしておみくじをくくる場所で結ぼうとしたら、やぶれてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。

引いたおみくじが破れるって、なんだか縁起が良くなさそうと思ってしまいます。

そこで、実際におみくじが破れるのは縁起が悪いのか、
また、やぶれて結べなくなってしまったら、どうしたらいいのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
  

おみくじを結ぶときに破れてしまったら縁起が悪い?

安心してください。
おみくじを結ぶときに破れてしまっても、それが意図的でなければ問題ありません。

そのようなことで神様が怒ることはありません。
もし破れてしまっても、そのまま結んでもらって大丈夫です。

また、盛大に破れてしまって「結ぶこともできない!」となってしまった場合は、持って帰りましょう。

おみくじは必ずしも結ばなければならない、というものではありません。
おみくじは、「吉凶の判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針とすることが大切」という物になります。
もちろん、「運勢が良い方に転じるように」という願いを込めて結ぶという意味もありますので、結ぶかどうかは引いた方の気持ち次第となります。

おみくじはお守りとも違うので、そこまで神経質にならずとも大丈夫ですよ。

では、持って帰ったおみくじは、どこに保管すればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

おみくじの保管方法は?

身近な場所や、時々読み返せるところに保管するのが良いでしょう。

丁寧に扱える場所であればどこでも大丈夫です。

例えば、
・鞄
・財布
・神棚
・机の引き出し

等があります。

ただし、そのまま保管するのではなく、和紙や小さな袋に包んでから保管しておきましょう。

おみくじは破れても問題ない、そのまま保管しても大丈夫ですが、
それでも気になる、という方は処分するという選択肢もあります。

では処分するにはどうすればいいのでしょうか。

おみくじの処分方法は?

処分方法は、「返納する」が一番良いでしょう。

神社やお寺には、「納札所・古札入れ・お守り授与所」があります。
納める場所(箱)がありますので、そこに入れましょう。
もちろん、お正月であれば、お焚き上げしているので、そこに持って行ってもよいです。

ただし、「神社のおみくじは神社に、お寺のおみくじはお寺に」返納してください。
神社とお寺を混同しないよう、注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おみくじをしっかり結ぼうとして、破れてしまうことは誰でもあります。
私も何度か経験あります。

新年早々、いやだなと思われるかもしれませんが、
そこまで気になる必要はありません。

そのまま結んでも大丈夫ですし、
持って帰る、処分する、どれでも問題ありません。

ご自身にあった方法を選んでもらえればと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です