アイマスクは睡眠の質を向上させ安眠効果も⁉選び方と注意点も紹介!

一日の疲れをとるための睡眠、
長く眠れば良いというものではありません。

たとえ睡眠時間が短くても、スッキリと目が覚め、日中も活動的に過ごせるのであれば、
質の良い睡眠がとれていることとなります。

質の良い睡眠をとる方法の1つとして、
アイマスクを使用することが、あげられています。

そこで、アイマスクにどのような安眠効果があるのか、
また寝る時にオススメするアイマスクの選び方、注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク
  

アイマスクは睡眠の質を向上させ安眠効果も⁉

仕事や普段の生活で何かと見てしまう、パソコンやスマートフォン。
目は、自分が思っている以上に疲れています。

もちろん、その疲れは眠ることで改善されますが、より効果があるのがアイマスクです。

では、どのような安眠効果があるのでしょうか。

1.わずかな光も目に入らないよう制御してくれる

光があることで、目は自分でも知らないうちに働こうとします。
ピンとの調整や、瞳孔の開き具合の調整など、意外と動いてしまうのです。

そこで、アイマスクで光を入れないことにより、目を休ませることができ、睡眠時の安眠効果が出ると言われています。

2.目の血行を改善してくれる

疲れた目は「温める」ことで血行が良くなり、筋肉の緊張をほぐしてくれます。
アイマスクをすることにより、特に冬場は目を朝まで温めてくれるので、効果がわかりやすいです。

血行がよくなることで、眼精疲労だけでなく、ドライアイの改善にも関係していると言われています。

もし、目の疲れがたまっている方は、寝る前に蒸しタオルなどで、しっかり深部の方まで温めると更に効果がありますので、併せて試してみることをオススメします。

スポンサーリンク

(補足)
蒸しタオルはタオルを濡らしてレンジで温めるます。
また、市販のホットアイマスクを使用するのもオススメです。

アイマスクの選び方と付け方

選び方①

とにかく肌に負担がかからない優しい手触りのもの、を選んでください。
長時間つけていても気にならない、むしろ気持ちいぐらいのものが良いです。

オススメは、生地がシルクのもの。

タオル生地やモコモコしたのもありますが、
長時間つけることを考えると、肌に負担が少ない、シルク生地がベストです。

選び方②

耳掛け型ではなく、ヘッドバンド型を選びましょう。

耳が痛くなっては、つけたくなくなってしまいますし、
寝ている間に気になって、安眠どころではなくなってしまいます。

それでは意味がないので、耳に負担にならないアイマスクを選びましょう。

アイマスクの注意点

アイマスクは慣れていないと気になってしまい、逆に寝つきが悪くなる、という方もいます。
一定期間、試してみて、それでも不快感しか気にならない方は、やめた方が良いです。

不快感があるのに我慢してつけていてはストレスがたまります。
ストレスは睡眠の質を落とす原因になりかねません。
せっかく睡眠の質を上げるためにしている行為が、逆に下げてしまうことになりますので、
「自分には合わない」と思った場合は、無理をせず、やめましょう。

まとめ

忙しい毎日、なるべく短い時間で、質の良い睡眠をとりたいですよね。
そんな時は、アイマスクを取り入れるのも一つの方法です。

私も最近はアイマスクを使うことで、以前より睡眠時間が短くても
日中の目の疲れが今までより違うので、すっかり愛用しています。

まだ使ったことがない方は、自分に合ったアイマスクを探して試してみてください。
初めは慣れないかもしれませんが、使ううちに手放せなくなるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です