睡眠と季節の関係性を知って質を高めよう!快適な睡眠方法を季節で紹介!

季節によって寝る時間が変わったり、眠かったり、寝つきにくかったり、
それぞれあるかと思います。

日本は四季があるので、季節に合わせて、睡眠もとる必要があります。
では、どのような特徴、そしてどのような対策がいるのでしょうか。

今回は春・夏・秋・冬のそれぞれの特徴と対策をみていきたいと思います。

スポンサーリンク
  

睡眠と季節の関係性、質を高めるには?

四季の変化によって、睡眠も影響されていきます。

日照時間や気温などの変化が影響して、睡眠時間が変わったり、眠気が強くなったりすることがあります。
例えば、春先には強い眠気を感じる人が多いのではないでしょうか。

人は体内時計があり、日の長さに応じてその働きが変わるため、自然と睡眠時間にも変化が生じるのです。

春に眠気が強くなるのは、眠りのホルモン「メラトニン」が大きく関係します。
メラトニンは暗くなると分泌され、眠りを誘います。
逆に明るくなると低下して目を覚まします。
冬から春にかけて、朝早くから明るくなり始めるので、身体がまだ慣れず、メラトニンが冬に比べて早く低下するため、ゆっくり眠れなくなり、睡眠不足になると考えられています。

また、人によっては花粉症による鼻づまりが原因で寝つきが悪くなるということもあります。

夏は日照時間が長く夜が短いので、睡眠時間は短くなる傾向にあります。
夜になっても気温が下がらず、寝苦しい日が続きます。

秋は気温も湿度も下がり、睡眠に適している季節と言われています。

冬は日照時間が短く、夜が長い季節となるため、夜の長さに合わせて睡眠時間も長くなります。
目覚める準備を始める体内時計も自然と遅くなっていくのです。

この四季それぞれの特徴をしっかり見極めて、
季節にあった対策をすることで、睡眠の質を高めることができるのです。

スポンサーリンク

ではどんな対策をとればいいのでしょうか。

快適に睡眠を得る方法を「春夏秋冬」季節ごとに紹介!

春は冬の日照時間から春の日照時間による、眠りホルモン「メラトニン」が発生するズレを調整することが重要となります。
カーテンから差し込む日の光に気をつけたり、遮光カーテンを使ったりして、徐々に体を慣らしていきましょう。

また、日によって気温に変化がある季節となりますので、掛布団やブランケット、毛布などを活用して
気温にあった対策をとり、自分の眠りやすい適温で眠りましょう。

夏は夜になっても気温が下がらず、寝苦しく、また寝つきも悪くなります。
エアコンの使い過ぎは身体にも良くない、かといって暑いと寝つきも悪くなる…
そういった場合は、例えば、冷たいシャワーで身体を冷やし、布団に入る。
夏用のシーツや冷たい抱き枕など、夏の睡眠グッズを上手に使いながら眠りましょう。

夏の寝苦しさもなくなり、秋は一番睡眠に適していると言われています。
それは外の気温が涼しくなるにつれ、部屋を温かくするため、
適度な温かさは眠気を誘発しやすく、とても眠りやすい環境です。
この環境を活かして、自分の睡眠のリズムをきちんと作りましょう。

冬の問題といえば、起きられない問題があります。
暖かい布団の中にずっと留まりたくなります。
また、外は寒く、室内は温かいので、秋よりも眠気が発生しやすいです。

朝は室内を起きる少し前からタイマーで暖かくするようにし、起きやすい環境を整えましょう。

まとめ

季節によって睡眠もここまで変わってくると本当に大変ですよね。
ですが、睡眠の質を向上させるには、気温や日照時間は必ず関係してきます。

季節の特徴をうまく利用して、対策をとり、質の良い睡眠をとりましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です