英語が話せない私が、一人でNYへ。空港や飛行機で備えておくことは?

ここでは実際に私が一人でNYに行った時、
実際に体験した内容をふまえて、気をつけた方がよいことを
紹介していきます。

まずは、NYに到着するまでの空港や飛行機での出来事から
備えておいた方がよいものをお伝えしていきます。

スポンサーリンク
  

空港での手荷物検査、飛行機トラブルに備えておくには

ここで言いたいことは、2つあります。※主に女性が対象
1.手荷物検査の時、前にファスナー付きのパーカーをアンダーウェアの上に着ないこと
2.機内持ち込み手荷物には「歯ブラシ・最低限の化粧品」を入れておくこと

1.空港での服装について
ファスナー付きパーカーを着る場合は、アンダーウェアの上ではなく、
シャツなどパーカーを脱いでも大丈夫な状態で着ること。
なぜかというと、アメリカでの手荷物検査はテロ以降、厳しくなったと一度は聞いたことあるはず。
日本人は比較的警戒心は持たれにくいですが、それでもいろいろとチェックされます。

私はファスナー付きパーカーを着てしまい、係員に「前を開けて、パーカーをカゴの中に」
と言われてしまいました。
下にユニクロのヒートテックを着ていたので、まだ良かったのですが、
これが完全なアンダーウェアであったなら危なかったなと。。

皆さま、お気を付けください。

2.機内持ち込み手荷物について

機内持ち込み手荷物の中には、
最低限、一晩、過ごせる荷物は入れておきましょう。

実は私、NYに行く前に、ダラスにいる友達に会いに行ってからNYに向かいました。
その日本からダラスに行く途中、トラブルが起こります。

なんと、私の乗っていた飛行機がダラスに着陸しようとしていた時、
上空では、大型のトルネードが6つも発生。

到着予定時刻を過ぎても飛行機は上空をずっと旋回しているだけ。
度々アナウンスが流れるけれど、とても速い英語なので、全く聞き取れない。

スポンサーリンク

自分の周りに日本人の気配もなく、何が起こっているのかわからないまま
誰にも聞くことができず、ただただ飛行機に乗ってました。

そして、数時間後にようやく着陸!
すぐに友達に電話をし、着いたよ報告をして迎えに来てもらおうとしたら、
私が降り立った空港は、なんとダラスではなく、そこから少し離れたオクラホマシティ。

私がプチパニックになっていると、同じ機内に乗っていた日本の方が親切に教えてくれました。
飛行機に乗っていた時には気づきませんでしたが、実は日本人がいたんですね。
その方が、事の顛末を教えてくれました。
本当に助かりました。

ただ、その時点で夜の22時近く。
もうこの日はダラスには行けず、航空会社が用意したホテルに泊まり、
明朝、ダラスを出発する予定となりました。

一晩オクラホマシティで過ごすことになったので、
自分の荷物を受け取ろうと待っていましたが、
待てど暮らせど、私の荷物が出てこない!!!

この時は本当にわけも分からず、
降りた飛行機のところまで戻ってみたり(そこで入っちゃダメと注意されたり)
完全に冷静さを失っていました。

そこで助けてくれたのは、やはり同じ便に乗っていた日本人の方です。
カウンターに私の荷物番号を問い合わせてもらった結果、
荷物だけ別の便でダラスに降り立っていました。

荷物が出てこない場合は、カウンターに問い合わせましょう。

トラブルってトラブルを招くんですね。

飛行機って何が起こるかわかりません。
悪天候で飛ばない時もありますし、私のように別の空港に着いてしまうことも
荷物と離れ離れになることだってあります。

なので、預けた荷物がなくても最低でも1泊はできるように、
みなさん、最低限の身の回りのもの(化粧品と歯ブラシなど)は持って行きましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です