お歳暮のお礼状とマナーと書き方と例文を簡潔に紹介します!

お歳暮が届いたらマナーとしてお礼状を書くことは知っているけど、
そもそも書いたこともないので、どうしようと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、お礼状のマナーと買い方のポイント、
そして例文を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
  

お歳暮のお礼状マナーと書き方を知っておこう

<お礼状マナー>

お歳暮を頂いた場合には、なるべく早くお礼状を出しましょう。
手元に届いてから、遅くとも2~3日以内にはお礼状を投函するのがマナーです。

そして正式なお礼状は封書(手紙)で出すこと、とされています。

また、「手書きで、縦書き」が最も丁寧な方法ですが、現在では、横書きでも問題ありません。
大切なのは、きちんと、すぐに、お礼の気持ちを伝えることだと思います。

<書き方>

お礼状の書き方は、以下の順番に沿って書くと失礼もなく、きれいにまとまります。

・頭語
(拝啓/謹啓 など)
・時候の挨拶
(師走の候/初雪の候 など)
・お礼の言葉
・家族も喜んでいる
・先方への気遣う言葉
・末永くお付き合いを望む言葉
・結語
(敬具/拝具 など)
・日付
・自分の名前

お歳暮は相手への感謝の気持ちで贈るものとなりますので、
受け取った側も、お礼状の内容には、お世話になったことへの感謝の言葉を入れることが大切となります。
上の書き方の順番も大事ですが、感謝の気持ちを伝えることを一番に優先にするのが良いと思います。

そして、家族がいる方は、自分だけでなく、「家族も喜んでいる」ことも伝えると、
喜んでいる様が伝わりやすいので、おすすめです。

お歳暮のお礼状の例文も紹介!

以下例文をそのまま使うのも問題ないですが、
参考にしながら、是非、ご自身で少しオリジナルを加えて書いてみてください。
その方が更に相手に伝わると思いますよ。

例文①(知人、友人)
拝啓 年の瀬を迎えあわただしくなってきましたが、お元気でご活躍のことと存じます。

 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 さて、このたびは、まことに結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。いつに変わらぬお心くばり、恐縮に存じます。家族ともども大変喜んでおります。
 時節がら、ご自愛のうえ、よいお年をお迎えくださいますよう、お祈りいたします。

スポンサーリンク

敬具

例文②(知人、友人)
拝啓 寒さも一段と厳しくなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
おかげ様で、私たち家族一同、元気に過ごしております。
さて、先日は心温まるお歳暮の品をお送りいただき、ありがとうございました。
子供たちも大変喜び、家族みんなで美味しくいただきました。
いつもながらの優しいお心遣い、こころより感謝申し上げます。

まだまだ寒さが続きますが、体調を崩されませぬようご留意ください。

略儀ながら、書中にてお礼申し上げます。
敬具

例文③(ビジネス)
拝啓 師走の候、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
さて、このたびはまことに結構なお歳暮の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。このようなお心づかいをいただき恐縮に存じます。
日ごろは私どもが大変お世話になっておりますのに身に余るお心づかい、大変うれしく思います。
年末余日少なき折から、皆様の一層のご健勝と貴社のますますのご発展を心からお祈りいたします。
とりあえずお礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬具 

例文④(ビジネス)
拝啓 師走の候 貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さてこのたびは結構なお品をお送り頂き、誠にありがとうございました。いつも変わらず、細やかなお心づかいに感謝いたします。
寒さはこれからが本番でございます。皆様どうぞご自愛くださいませ。
まずは取り敢えず書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

お歳暮のお礼状はハガキでもいい?

確かに正式なマナーでは、お礼状は手紙「封書」で出すのが丁寧な方法ですが、
現在はハガキでお礼状を出しても問題ありません。
ただ、目上の方に対してはきちんと手紙を出すことをおすすめします。

ハガキで書く時も、縦書き・横書きは気にせず書いて問題ありません。
(縦書きがマナーですが、最近は気にする方もほとんどいないのが現状です)

上でも書きましたが、何よりも、お歳暮を受け取ったら、
なるべく早くお礼を伝えることが何よりも大切です。
そこはしっかり押さえておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
初めてお歳暮をもらった時は慣れないことなので戸惑うかもしれませんが
マナーを知って、対応すれば何も焦ることはありません。
最近は手紙を書く機会も少なくなりましたが、書き方に沿えば特に心配することもなく、簡単に書くことができます。
是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です