梅雨の頭痛原因は?どのくらいの気圧変化に注意?湿気対策でも改善!

梅雨はジメジメして気分も滅入りやすいですが、
実際に頭痛がひどくなる人、頭痛が発生しやすい時期とも言われています。

特にもともと頭痛持ちの方はこの時期ひどくなる人が多いのではないでしょうか。

なぜ梅雨の時期に頭痛が起こりやすいのか。
梅雨の頭痛の原因から、どのような気圧変化に注意するべきか
また、梅雨の時期だからこその対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
  

梅雨に頭痛がひどくなる原因とは?

梅雨に頭痛がひどくなる原因には2つあります。
1つは「気圧」の変化、
そして、2つ目は「湿気」です。

気圧の変化はよく耳にしますよね。
片頭痛、緊張性頭痛など種類はありますが、
特に片頭痛を持っている方は、気圧の変化により、脳の血管が収縮したり拡張したりすることで頭痛が発症すると言われています。
(片頭痛は明確な原因はわかっておりませんが、脳の血管拡張説が一般的と言われています)

そして、梅雨の時期は気圧の変化と一緒に、湿気が多くなる季節でもあります。
この湿気によって更に体調不良が起こりやすくなるのです。

私たちの身体は、多くの水分で成り立っています。
そのため、外気の湿度が高くなると、身体の水分を上手く調節でず、体調が悪くなります。
頭痛だけでなく、倦怠感(体のだるさ)、むくみ、便秘、下痢、食欲不振、喘息など、体調が悪化していきます。

そしてもともと頭痛持ちの方は気圧の変化と湿気により、いつも以上に頭痛が悪化するということになります。

頭痛はどのくらいの気圧の変化に注意すればいい?

低気圧が近づいてくると頭痛がするのは知っているが、
実際にどれくらいの気圧が変化するのに気をつければいいのかはわかりませんよね。

高気圧と低気圧は、
周囲より気圧が高いところが高気圧、低いところが低気圧となります。
(簡単すぎる説明ですみません…)
よく天気予報で「~ヘクトパスカル」と聞くと思いますが、
~以上が高気圧、~以下が低気圧などの基準値である絶対数値はありません。

周りの状況で変わるので、相対数値となります。

そのため、~ヘクトパスカル以下になったら低気圧だから気をつけましょう!とは言えないんです。

ただ、そうは言ってもだいたいでいいから何か基準となる数値が知りたいですよね。
そういう場合は、目安として「1005hPa」を基準にすると良いかと思います。

そして、頭痛がひどくなる時はその変化の差が大きかったり、
変化する前だったりするので、気圧の変化に注目してみましょう。
あるところでは、気圧が前の日と比べて10hPa以上変化すると症状が出ると言われていたりもします。
なので、初めはだいたい8~10hPaの変化に気をつけてみるのがいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

また、この気圧の変化による頭痛は個人差がかなりありますので、
自分がどの気象状況で頭痛発生するのか、ひどくなるのかをチェックする、
まずは自分のタイプを知ることが、対策をする前に重要になってきます。

梅雨は湿気による頭痛の対策もしよう。

冒頭に少し書きましたが、梅雨は気圧だけでなく、湿気も関わってきます。
この時期に特に症状が悪化する方は、気圧だけでなく、湿気対策も取り入れていきましょう。

湿気による体調不良は、余分な水分が身体に留まっているから。
水分代謝が悪くなっているためとなります。

そのため、身体の水分を出すことが大切となります。

1.水分を摂取する

矛盾しているようにの思えますが、古い水分が身体に悪いので、
水分代謝を良くするために、新しく水分を摂取して、古い水分を排出していきましょう。
この時、身体を冷やさないように、常温か白湯を飲むように心がけましょう。

2.マッサージをする

マッサージもリンパの流れが良くなり、余分な水分を体外に排出してくれます。

3.半身浴や運動で汗をかく

汗をかくのも大切です。また汗をかくだけでなく、
運動や半身浴をすることで血流も良くなり、代謝もあがっていきます。

4.身体を冷やさない

特に女性は身体が冷えると水分を蓄える働きをし、むくんでいきます。
冷たい飲み物を飲むのを控えたり、足元にブランケットをかけたり、マフラーやストールなどで身体を冷やさないようにしましょう。

5.部屋に除湿機を置く

そもそも湿気が高い空間に長時間いないように心がけてください。
外に出ているときは仕方がないですが、
ご自宅にいる時は除湿機を使用するなどして、外部から身体に負担をかけないようにしましょう。

このように、水分代謝を良くして古く溜まっている余分な水分を外に出すことが大切です。
水分が溜まっているからといって水分を取らないのはもっと身体に悪いで、こまめに水分補給は必ずしてください。

まとめ

頭痛は本当に辛いですよね。
頭痛が起こることで、仕事や勉強、日常生活がいつもどおりに過ごせなくなる
そんな体調不良を良くしていくことに、この記事が少しでも役に立てたら嬉しいです。

私も昔からずっと頭痛持ちなので、頭痛がひどいときは何をしても痛くてどうすればいいかわからなくなることもあります。
もちろん、本当に辛いときは薬を飲みますが、毎日飲むわけにもいかないので、軽い症状の時はあまり飲まないように、また頭痛になりやすい状況を作らないように心がけています。

梅雨の時期だけでなく、1年をとおして、気圧の変化や水分代謝に気をつけていくと良いかと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です