頭痛が発生する気圧の変化は?タイミングをアプリで管理!頭痛ーるアプリを使てみた!

気圧の変化で頭痛が起こる人、多いですよね。
私もその一人です。
頭が痛いと思って天気を確認すると、曇っているか雨が降っているかのどちらか…

もともと頭痛もちではありますが、天気が悪い日は特にひどくなったりします。

でも気圧が頭痛や体調不良に関係しているのなら、
その気圧の変化を知っておくことで、何かしら対策がとれるのでは?と考え、
そもそもどのくらいの気圧で頭痛が発生するのか、どれくらいの気圧の変化に気をつけるべきなのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

頭痛が発生するのはどのくらいの気圧変化に気をつける?

まずはどれくらいの気圧の変化が体調に影響するのか知りたいですよね。
結論、気圧は「~以下の低気圧に気をつけよう」などの明確な数値で表すことができないんです。

低気圧と高気圧の定義として、

低気圧は周囲から気圧が低く、閉じた等圧線で囲まれたところであり、一般的に低気圧内では、天気が崩れる
高気圧は周囲より気圧が高く、閉じた等圧線で囲まれたところであり、一般的に高気圧内では、晴れの天気になる
(等圧線:気圧の等しいところを結んだ線のこと)

となります。

そのため、
~以上が高気圧、~以下が低気圧などの基準値である絶対数値がないのです。
なので、~ヘクトパスカル以下になったら低気圧だから気をつけましょう!とは言えないのが難しいところですよね。

ただ、そうは言ってもだいたいでいいから何か基準となる数値が知りたいですよね。
そういう場合は、目安として「1005hPa」を基準にすると良いかと思います。

そして、頭痛がひどくなる時はその変化の差が大きかったり、
変化する前だったりするので、気圧の変化に注目してみましょう。
あるところでは、気圧が前の日と比べて10hPa以上変化すると症状が出ると言われていたりもします。
なので、初めはだいたい7hPa~の気圧差の変化に気をつけてみるのがいいのではないでしょうか。

気象状況をから自分の頭痛が発生するタイミングを知ろう!

気圧の変化で頭痛がひどくなったり、体調不良になるとは言っても、
個人差があるかと思いますので、自分がどういった気象状況の時に頭痛が発生するのか、
しっかりタイミングを知ることが大事かと思います。

そこで、最近出てきたアプリがこちらのアプリ

◇頭痛~る◇

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です