海外の灯籠を空に飛ばすランタン祭り情報!5つの国と地域と開催時期!

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」ではランタンを空に飛ばすシーンが印象的ですよね。
映画のランタンのシーンは、タイのランタン祭りをモデルにしたそうです。

この美しく幻想的なシーンを一度は見てみたい!と思った方もいるのではないでしょうか。
日本でも各地で行われていますが、今回は海外で開催されている国を紹介していきたいと思います。

海外旅行を計画している方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

海外のランタン祭り情報!5つの国と地域、開催時期をすべて紹介します!

■タイ・チェンマイ

『コムローイ祭り(別名:イーペンランナー・インターナショナル・フェスティバル)』

開催時期:11月の満月の日

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のモデルにもなったランタン祭りです。
かなりの数のランタンが空にあがり、かなり豪華なお祭りです。

■台湾

『台湾ランタンフェスティバル』

開催時期:2月~3月

台湾では、旧暦である1月15日に、一年越しの行事として、ランタンを空に飛ばし、健康と安泰を祈願し、
新しい年を迎える習慣があります。
ちなみに場所が毎年変わるので、必ず開催場所をチェックをしましょう。

■ラスベガス

『ライズ・ランタン・フェスティバル』

開催時期:10月上旬

スポンサーリンク

ラスベガス近郊のモハーヴェ砂漠で行なわれ、2万個ものランタンが空に放たれる様は、迫力があります。
生分解性のランタンを使用し、後日周辺から回収することが明言されている環境に配慮したイベントです。
会場では音楽ライブやフードの販売などがされており、昼間から夜まで楽しめるお祭りですよ。



◾️ここからはランタンを空に打ち上げるのではなく、日本の灯籠流しに近い2つを紹介◾️

■ベトナム・ホイアン

『精霊流し』

開催時期:旧暦の毎月14日(満月の夜)

ベトナムの都市の1つであるホイアンでは、いつもランタンが飾られておりますが、
旧暦の毎月14日の満月の夜には、精霊流しも行われ、幻想的な夜を体験できます。

■ハワイ

Lantern floating cermony
(
ランタン・フローティング・セレモニー)

開催時期:5月頃

ハワイでも空に飛ばすのではなく、
日本の灯籠流しと同様に、アラモアナ・ビーチで祖先や戦没者に追悼や祈りを込めて、灯篭を流します。
約6000個もの灯籠が海に浮かぶ姿はとても幻想的で神秘的ですよ。
海に浸かりながらランタンを流し、見送ることもできますよ。

まとめ

気になるお祭りはありましたか?
海外でのランタン祭り、探してみると結構ありますよね。

観光や買い物も楽しいですが、
その土地のお祭りに参加するのも旅行の醍醐味なので、お祭りを基準に海外旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

そして、無数のランタンが灯され空に上がる幻想的な空間を体験してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です