転職の求人数が増える時期は?タイミングは?

転職活動をするときに、求人数は重要ですよね。
自分が転職をしたいと思っていても、希望する求人がなければ
転職する意味がありません。

そこで、求人数が増える時期や転職のタイミングについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

転職の時期によって求人数は変わるの?

前の記事「転職の手順、何から始めたらいいの?」にも記載しておりますが、
以前ほど時期によって求人数が左右されることはなくなってきております。
一般的には多くの企業の期が変わる4月入社に向けた募集として2~3月、
10月入社に向けた8~9月が多くなります。
社内の人員調整や異動もこの時期に行われるのが多いので、
それに併せて採用も多く実施します。

もちろん、業界や職種によっても求人数が増える時期は変わってきますし、
希望する企業によっても繁忙期などの都合により、変わってきます。

例えば、
エンジニア職の場合は、市場全体で不足している職種となりますので、
通年で求人数が多く、転職しやすい職種になります。

また、ピンポイントですが新卒採用担当者という職種では、
新卒採用の倫理憲章スケジュールによって変わってきますので、
現在では一番採用が落ち着く、夏~秋にかけて募集が多くなります。

このように職種によって、求人数の時期が変動していくこととなりますので、
自分が転職したい業界、職種の動向はみておきましょう。

スポンサーリンク

転職のタイミングは?

良いタイミングでの転職は、自分の希望する企業・業界・職種の求人があり、
その転職によって、キャリアアップ、スキルアップ、収入アップができる転職だと思います。

転職活動をする中で、自分の希望する仕事がないのであれば
それはまだ転職のタイミングではないと思います。
今いる会社でもう少し、スキルアップをしながら、様子を見ていくのがいいでしょう。

転職のアンテナを少し持っているだけで、
自分の希望する会社の求人などが耳に入ってくることもありますので、
今の仕事をしながらも、情報は聞き逃さないようにしていきましょう。

それを見極めるためにも、自分が転職した先に求めるもの
やりたい仕事を明確にしておく必要があります。

また、よく「今の時期は私がいなくなったら大変なことになる」と聞くことがありますが、
誰かがいなくなったら、誰かが代わりに仕事をするので、
「私がいなきゃ」と変に自分の首を絞めなくても大丈夫です。
残された人たちは、何とかするんです。
確かに負い目を感じるかもしれませんが、
ちゃんと前もって退職する事を伝えていれば大丈夫です。

どうしても、今の仕事を辞める時期を気にするのなら
人事異動が発生する時期に向けて、転職活動をするのもいいと思いますよ。

まとめ

自分の現在の仕事のタイミング、
そして、希望する仕事の求人数が多くなる時期
この二つを見ながら転職の時期を決めるのがベストだと思います。

時期とタイミング、これを見極めて、良い転職をしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です